WELLNESS TOKEN

健康になる

ウェルネストークンエコノミーでは積極的に活動すると健康になれる。年齢、性別、国籍、言語、宗教、政治を問わず誰でもが健康活動に等しく公平に参加できる社会と経済の構築を目指す。

報酬をもらう

ウェルネストークンエコノミーでは健康になるための活動へ参加や達成することで報酬がもらえる。全ての参加者が頑張ったら頑張った分だけ正当な報酬をもらえる仕組みを作る。

自分に使う

ウェルネストークンエコノミーでは今よりもっと健康になるためのサービスや製品に使える。健康活動を通して自分を知ることでウェルネストークンを有意義に利用できるようになる。

他人に使う

ウェルネストークンエコノミーでは身近にいる健康ではない人へ自分の健康をプレゼントして使われる。他人の健康活動を知ることでウェルネストークンを思いやりをもって利用できるようになる。

健康を証明する

ウェルネストークンエコノミーではウェルネストークンの取引記録を積み重ね続けることで健康が証明される。健康の証明が社会構造上の課題解決につながることで世界の国益になると確信している。

健康が見える(ブロックチェーン)

ウェルネストークンエコノミーの健康活動に参加することで、今まで見ることが困難だった健康が見える化される。健康であることを信頼のおける第3者を必要としないで誰に対しても証明することができる。

健康をトークンに代える(仮想通貨)

見える化された健康をトークンに代えることで色々なサービスや製品と交換できるようになる。さらに流動性が生まれ、健康な人はそうではない人に健康をトークンという形でプレゼントすることができる。

ウェルネストークン(WELL)をもらうには?

Bounty

バウンティ(Bounty)とは健康活動へ参加などしてウェルネストークンをやり取りする依頼のこと。
老若男女の全ての人々がバウンティに参加して正当な報酬をもらえる。
2020年2月からバウンティ開始予定。

  • バウンティに参加することで
    ウェルネストークンがもらえる

    バウンティを中心としてウェルネストークンが参加者の間を縦横無尽に行き来する。主に健康活動への参加や達成の報酬をもらうことが一般的だが、それ以外にも健康企業からの広告、困っている人や団体への応援や寄付、イベントへの参加募集までバウンティには多種多様な役割がある。

  • 様々な活動にバウンティを通して
    参加して健康になる

    健康になることを目的に作られるバウンティに参加することで、報酬のウェルネストークンをもらいながら健康になれる。バウンティは誰でも作ることが出来ることから、オリジナルバウンティを作る側としてウェルネストークンエコノミーに参加することもできる。

  • バウンティへの参加記録が見える化
    されることで正当に評価される

    健康になるための活動への参加記録は誰からも見ることができるため、健康になるための活動が公平に評価される。バウンティに参加する事で過去の信用と未来への信頼が個々人へ蓄積されるため、個人にフォーカスした今までにないより良い社会と経済が作られる。

ウェルネストークン(WELL)で出来ること

Wellness Token

健康でいるとウェルネストークンがもらえて、健康的でおトクに暮らすことができる。
2020年5月からウェルネストークンがお得に使えるサービスや製品を提供予定。

  • ウェルネストークンを使う

    バウンティに参加した報酬のウェルネストークンを、さらに健康になるための微量採血検査や健康企業が提供する製品やサービスに使える。そして、ウェルネストークンでしか使えない製品やサービスを利用できる。

  • ウェルネストークンで証明する

    ウェルネストークンエコノミーへの参加者の中でも、より健康な参加者であることがバウンティへの参加記録から証明される。そうすると普段は参加できないようなイベントへの招待や通常よりも良質なサービスや製品を優先的に利用できる。健康でいることをウェルネストークンで証明するととてもおトクに暮らす事ができる。

  • ウェルネストークンで応援する

    健康をトークン化したウェルネストークンを、健康な人がそうでない人へ送ることで健康そのものをプレゼントした様な効果が生まれる。ウェルネストークンを受け取った人は、目に見える形で健康になるために応援されることになる。そして、ウェルネストークンを使ってサービスや製品を利用することで健康になることができる。

データ提供で助かる命

Wellness Pool

ウェルネストークンエコノミーに参加して発生した健康活動データ、検査データ、個人情報は、参加者の任意で第3者に提供する事ができる。
データ提供者はデータ利用の報酬をウェルネストークンで必ずもらえる。
データ利用者は健康データという人類に有益なデータを利用して新サービスや新製品を開発する。
自分が健康になることで他に助かる命があるという意義のあることで人類社会へ貢献できる。